木村先生からのメッセージLast updated:2016年5月30日

木村 太一先生の写真

木村 太一

2016年4月に慶應義塾大学経営管理研究科に助教(有期)として着任致しました、木村太一と申します。

私は一橋大学商学部を卒業後、同大学の大学院商学研究科の修士課程、博士後期課程を修了致しました。16年3月に博士号を取得後、KBSに赴任致しました。専門は管理会計で、授業は「会計管理」を担当致します。

これまで私は、特に組織文化や組織アイデンティフィケーションが管理会計上果たす役割について研究を進めて参りました。企業組織内で共有されている価値観、あるいは組織成員が所属組織に対してアイデンティティを感じている程度によって、最適な管理会計システムが変化するのではないか、というのが私の研究の根本的な問題意識です。

まだまだ未熟な身であり、最初の就職先であるということもあり、KBSでの教員生活に不安を感じているとともに、優秀な学生の方々に授業等でふれあうことができることを大変楽しみに感じています。今後、卒業生の皆様とお会いする機会もあると思います。そうした機会も大変楽しみにしております。今後とも宜しくお願い致します。