齋藤先生からのメッセージLast updated:2012年5月31日

齋藤 卓爾先生の写真

齋藤 卓爾

2012年4月に慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授として赴任いたしました齋藤卓爾(さいとう たくじ)と申します。

私は一橋大学経済学部を卒業後、同大学の大学院経済学研究科で修士、博士課程を修了いたしました。博士号取得後は京都産業大学経済学部で講師、准教授として教鞭をとりました。KBSでは「財務管理」と「金融機関経営」の講義を担当いたします。これまでは学部生を相手にレクチャー形式の授業を行っておりましたので、ケースメソッドを用いて授業を行うのは初めてであり、不安な日々を過ごしております。

私はこれまでコーポレート・ガバナンスを中心に研究を行って参りました。日本企業に社外取締役は必要なのだろうか?役員報酬は開示されるべきなのだろうか?皆様もそれぞれに経験に基づいた意見をお持ちかと思いますので、お話を伺える機会を楽しみにいたしております。

まだまだ若輩者ではございますが、KBSそして同窓生の皆様のお力になれますように努めて参りたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。